レイキ伝授

レイキ伝授のご感想(Y.Oさん・30代女性)

★セカンド・ディグリー

・講習一週間後に頂いたメール

今日は遠隔ヒーリングで初めて、相手にちゃんと流れているっていうのを実感して感動したので、嬉しくてメールしてます。

自分は流れているのを感じていても、相手に感じてもらえてないと「本当にながれているのかなぁ?」って思って、今までは実感がありませんでした。

母が突然電話をくれて「レイキやってよかったらしいけど、どんななの?」って聞いてきたんです。(セカンドのアチューンメントが感動的だったので姉にメールをしたら、姉から母に電話があったそうです)

で、遠隔の話になって、「お母さんにもやってーー!」ってことになって4時からって時間を決めて流してみました。

どのくらいの時間かかるの?って聞かれたので、基本は3~5分くらいみたいだよって答えていたけど5分経って「もう少し流したい感じだあなぁ」と思って、10分経ったところで終わりにしました。その後、発霊法を少ししてから手を洗った時、母から電話がありました。

「何分から何分まで流してくれた?」

「(自信がなかったので)いつごろだと思う?」

「10分くらい」

「!! ちょうど10分までだよ。すごーい!分かったの?」

「はっきり分かったよ。お母さんは目を閉じてて、毛布かぶってたら体がじんじんしてきて、あっ今お腹だ。今右足だ。今左足。今手のあたりって感じて、最後は胸の辺り・・・。で、あっ今終わった。と思って時計を見たら10分だったんだ~」

こんなにはっきりと遠隔でエネルギーを感じてもらえたのは生まれて初めてで、とっても感動しました。

母の周りでは「○○医院」が流行っていて、(気孔のように手を当てるエネルギーワークをするところらしいです)「○○医院に行ってきた人に手をあててもらったときは何にも感じなかったんだよ。何人もやってくれたんだけどね。でも、今のはすごくはっきり分かったよ~!」って言っていました。

私は「母が必要としているだけ流れていきました。」とイメージしたので、それだけ必要としていたのかもしれませんね。

改めて、レイキへの感謝の心がわいてくる嬉しい出来事でした。講習ありがとうございました。「レイキを使わせてもらっている」という謙虚な気持ちを忘れないようにしながら、もっともっと人にも実践していきたいと思います。

・上記メールの翌日に頂いたメール

今日も母に遠隔で送ってみました。(今日から5日間続ける予定です)夜9時って時間を決めたので「きっと残業中だから先に送っておこう」と思って朝、セルフヒーリングをした後、「夜9時に届きます」ってイメージして流しました。

そしたら母からメールが来て「お父さんにも話しておくから、お父さんにも送って~」って。なので父には昼休みに「夜9時に届く」様に流してみました。

でも、未来に送ってちゃんと届く自信がなかったので、念のため夜9時に会社のトイレに行って両親へ流してみました。大きな光に包まれて、どーんと届くイメージがして、終わって時計を見たら5分経っていました。

そうしたら!しばらくして母からメールが届いて「今日も、手も足も胸も電気が入ったみたいにびんびんきたよ。今日は5分だった?お母さんは、そう思ったよ。お父さんはまだよく分からないみたいだけど、お母さんは今日一日調子が良かったよ。うれしいな。」って!何だか言葉に言い表せないような感動でした。

母も父も子供のころから愛に飢えていて、私自身も愛に飢えていたので、私は、ずっと親を恨んでいたところがありました。

でも、こうやって両親と自分がレイキでつながることで、愛に満たされていくことができるんだなぁ~って思うと本当に本当に嬉しいです。